社会人の一人暮らしに勧めたい2DKの賃貸マンション


収納スペースを確保できる

社会人で単身者となると1Kで我慢している人も多いといいます。本当はもっと広い部屋に住みたいけれど、家賃も高いしワンルームで妥協をしている人が圧倒的に多いです。しかし、ワンルームは手狭で収納スペースもほとんど確保することができない構造になっています。収納スペースと言えば、キッチンの収納棚、それに部屋のクローゼットのみで、あとは荷物が溢れた状態で放置しているという人も多いようです。そこで、1LDKまで手が出なくても2DKの賃貸マンションを選択肢に入れることでかなりの収納スペースを確保することができます。一部屋は収納スペースとして使い、もう一つの部屋を寝室兼リビングとして使う方法です。こうすることでかなり暮らしにゆとりができます。

仕事部屋とプライベートな寝室を分けられる

ワンルームから2DKへの賃貸マンションに引っ越すことで、スペースにゆとりを持つことができます。例えば、2DKの場合部屋を2つ確保することができるため、一つの部屋を仕事部屋にし、もう一つの部屋をプライベートな寝室に分けることができます。そうすることで、仕事をするスペースとゆったりと寛ぐスペースを上手く分けることができるのです。たしかに、ワンルームマンションに比べると多少2DKの方が家賃が高くなります。しかし、ワンルームでは窮屈に感じ、もっと広部屋へ移りたいというニーズが増えていることから、ワンルームの家賃に多少上乗せするだけで、少し広い2DKの部屋を借りられます。部屋が2つになることで自由度が格段にアップします。

北見の賃貸の相場は、ワンルーム3.65万円、1DKで3.75万円と比較的安めです。JR石北本線北見駅の周辺の賃貸も多くあります。