動線こそが間取りの鍵!誰の動線を優先すべき?


動線を重視して快適にしよう

住宅設計をするときにはどのような間取りにするかが大きな課題になりますが、何を優先して考えると良いかを知っているでしょうか。住んでいる人の動線を考えて部屋をレイアウトしたり、廊下を設計したりすると快適になります。寝室からキッチンに行くのに大回りしなければならないような設計になっていると毎日ストレスに感じるという人もいるでしょう。洗濯をしてベランダに干しに行くときに遠回りする必要があるとなると嫌になるかもしれません。動線を重視することで住宅内での移動に関するストレスを最小限にすることができます。住む人の動線を考えて部屋の位置関係を考えていき、誰もが快適に住めるように仕上げるのが大切です。

誰の動線を優先するかを考えよう

実際には家族であっても一人一人の動線が違うので、全ての人にとって理想的な間取りにするのは困難です。意見のすり合わせをして理想的なところに落とし込むのが良い方法ですが、なかなか決まらずに困ってしまうこともあるでしょう。まずは誰の動線を優先すべきなのかを考えて順位づけをしてみるのが大切です。例えば、家事をたくさんやる人がストレスを感じないようにする、心身の不自由がある親があまり動かなくて良いようにするなどといった考え方があります。誰を最優先にするかは考え方次第、家庭の状況次第なので一概に決めることはできません。家族でじっくりと話し合いをして優先順位を決めていき、スムーズに間取りを決定できるようにしましょう。

埼玉の注文住宅は、東京都内の注文住宅よりも低コストで建てられます。地価が都内よりも安価であり、東京に隣接する埼玉の街であれば都内への通勤やお買い物も楽です。