個人事業主が賃貸オフィスを借りるメリットとデメリット


賃貸オフィスを借りるメリットとは

賃貸オフィスを借りるメリットは様々です。第一の利点ですが、賃貸契約を結ぶだけで即、オフィスを設けられる点となります。不動産物件を購入する場合、事前に色々な審査があります。購入を現金一括で行えれば一部の手続きは簡略化されます。しかし、ごく普通の個人事業主の場合、基本的にローンを組んでオフィスを買う場合がほとんどでしょう。翻って賃貸オフィスであれば、ローン審査やその他の雑多な手続きが簡略化されています。契約が完了次第、荷物を搬入し、新しい事務所として活用出来ます。

第二のメリットですが、安価なランニングコストで都会の一等地に拠点を設けられる点です。事務所用の不動産物件をローンで購入した場合、毎月多額の返済に追われる可能性があります。開業したばかりの個人事業主、もしくはこれから新規開業を計画する若手経営者にとって多額のローン返済は避けたいものです。賃貸オフィスなら交通の便が良い都内の一等地に自社の拠点が設けられ、毎月安価な賃料を管理会社に支払うだけです。低リスクで開業できる上に、クライアントとの打ち合わせや取引先との商談に適した場所で働けるため、ビジネスの成果が挙げられやすいです。

賃貸オフィスのデメリットと注意点

便利な賃貸オフィスにも、いくつかのデメリットと注意点があります。住宅用の賃貸物件同様、入居した後は管理会社が定めた規約を厳守しなければなりません。その規約の中には、リフォーム工事禁止や店舗用途での利用禁止など、あらかじめ把握しておかなければいけない事項が盛り込まれています。契約前にデメリットについて納得した上で、賃貸オフィスを借りる事が大事です。

中央区で賃貸オフィスを借りるときには、ビルのワンフロアごとや、フロア内を区画で区切り、区分ごとに賃貸契約を締結する場合があります。